低金利カードローンは銀行カードローンがおすすめ

カードローン商品を用意し提供してくれる機関はさまざまあれど、こと金利に関して優遇されているのは銀行に他なりません。低金利カードローンと言えば銀行カードローンと言われるほど、実質年率の低さでは際立っています。消費者金融や信販系のカードローンも最近では低金利カードローンと呼ばれ出していますが、それでも銀行が頭ひとつ抜け出していることは変わりませんし、今後もなかなかその勢力図は入れ替わらないのではないでしょうか。

銀行カードローンのメリットは?

低金利カードローンの代表格は銀行

低金利カードローンのそもそもの基準は人によって異なると思います。また、銀行の中でも場合や条件によっては消費者金融と同じくらいの金利になってしまうこともあるので注意しましょう。初めてカードローンを利用するのであれば特に注意深い比較が必要になってくるのですが、その時のチェックポイントとしては実質年率の最高値です。最低値は3.0%や4%台のところも多々存在していますが、最高値を見ると18%台のところもあれば、もっと極端に低く、最高値でも一桁を叩き出しているところもあるのです。初めての人は恐らくこの最高値で借り入れることになるので見逃すことができない要素となります。

 

また、消費者金融では最高年率が20%というところもあり、最低値を見ると低金利カードローンなのですが、最高値で見ると到底優良企業とは呼びたくなくなるところもあるので注意してください。そして一見低金利カードローンと思っても契約前にどのくらいの実質年率になるのかを各銀行で試算することも忘れないようにしましょう。低金利カードローンを提供する銀行は人によって変化するものなのです。

 

カードローン体験談
初めてのカードローンはPC購入費

私が初めてカードローンを利用したのは、8年くらい前に20万円くらいのパソコンを購入した時でした。当時はまだ学生でお金もなかったので、一括払いが出来なかったのです。それで店員さんに薦められてそのお店のカードを作ってローンを組めば毎月自分でも払える額でそのパソコンを購入することが出来ると聞いてカードを作りました。学生でしたがバイトをしていましたのでなんとか審査も通り、カードローンを組むことが出来ました。
カードローンと言うと、それまではなんだか借金みたいで危ないなあという印象だったんですが、考えてみれば車も家も皆ローン払いで払っている人が大半なんですよね。それに自分が今欲しい物が後払いで手に入れられるシステムがなければ自分はお金を貯めるまではあのパソコンも手に入れることが出来なかった訳ですから、カードローンのおかげでパソコンが手に入れられない期間をなくすことが出来て本当によかったと思っています。
もちろん、支払いはその後滞ることなくちゃんと毎月支払いをこなし、完済することが出来ました。それ以来カードローンは使っていませんが、当時はカードローンがあったおかげでパソコンを手に入れることが出来て、そのおかげでいろんな出会いがありましたので本当によかったと思っています。


このページの先頭へ戻る